プレバランス
SV-1 トップページへ

守護天使の遠隔セラピー SV-1アセンションのメニュー 
  ◆守護天使の遠隔セラピー イントロダクション
  ◆守護天使からの証明写真
  ◆2012年のアセンションに向けて作られた
  ◆シーター波で守護天使とコンタクトする
  ◆交信コードの偶数/奇数の判定
  ◆クオリアの感覚のこと
  ◆どうして遠隔セラピーが可能なのか?
  ◆アセンションと悟り







私は何度もそのように思いました。
プレバランスに治療にいらした方たちを前にして、
病気を治してあげたい、悩みを解消してあげたいと思ってきたのです。



プレバランス代表
SV−1アセンション開発者
上田英憲

気で治療をしていたときにも、
“治って欲しい”という思いは、私の気を通して病の治癒を実現してきたからです。
  *気の治療のときの話はメルマガ「プレマからのメッセージ」バックバーをご覧ください。

現在、行っているSV-1のエネルギー治療でも、周波数を特定してさまざまな病気の治療を行い、私の想いを実現しています。

私だけではなく、
誰もが想いの実現ができたらどうだろう?
そうすれば、素晴らしい世の中の実現に貢献できるだろう。

そう思い、開発したのが、




これは私が守護天使と呼んでいる守護霊の協力がなくては作ることはできませんでした。
詳しくは各頁で順に説明していきますが、まずは、どんなことができるのか、SV-1アセンションのセラピー内容をご説明しましょう。





1.クライアント(被験者)のデータ入力
右上のGコードをはじめとした各スペースに、クライアント(被験者)のデータを入力します。


誕生日/住所/氏名



2.通信文に望む内容(想い)の入力
具体的望みや願いを入力します。「腰痛が治りますように」「息子が高校受験に合格できますように」など。


「こうなって欲しい」内容



3.変換ボタンを押す
文字で入力した内容が暗号の数字に変換されます。


文字(望む想い)の数字変換



4.交信ボタンを押す
守護天使を介在したセラピーが行われます。


遠隔治療開始


■クライアントの情報が不確定な場合
誕生日、住所などが不確定な場合、本人と特定できるもの(写真など)を置いて測定します。ペットなどの場合も同様です。





■母の足が寝ている間に伸びた
私が治療家になる前に、母はリウマチで悪い方の足から水を抜き、足が変形してしまっていました。まっすぐにしようにも曲がって伸びず、毎晩寝るときに痛みを感じるといいます。そこで、SV-1アセンションに「膝の痛みが消えました」と入力しました。先入観があると意識が働くので、母にはそれを伝えませんでした。次の朝、母から「何かやったのか?」と聞かれました。夜中に急に足がまっすぐ伸びはじめて痛みが消えたというのです。膝の外側に出ていた骨が引っ込んで、以前と比べてかなりまっすぐになっていました。


■うるさかった隣人が静かになった
「隣の住人がうるさくて眠れない」と海外の友人が言っているが、こんなケースでもどうにかなりますかと聞かれ、SV-1アセンションに「隣人が静かになり寝られるようになった」と入力して交信しました。「その日からシンと静まりかえってゆっくり寝られてびっくりした!」と友人から連絡があったと報告を受けました。



奇跡的なことが起こっています。私は自分自身や家族、友人に対して、SV-1アセンションの文字入力で守護天使のセラピーを行ってみましたが、結果はすべて改善しています。中には重い病気で治らないケースもありますが、8割の確率で改善しています。これは守護天使が動いてくれているからだと思います。SV-1アセンションを使う方にも結果として出てくるはずです。







SV-1アセンションでは、


こんなことを言うときっと驚かれるでしょう。
でも、実際に、私はたくさんの方を「祈りのエネルギー」によって治療してきました。
SV-1アセンションという人体の測定治療器に「○○が治りました」と文字を入力し、シーター波の状態で祈りが届けられると、遠方の依頼者から「良くなりました!」と驚きと感謝の連絡が来るのです!

セラピーに限らずSV-1アセンションは

「息子が○○大学に合格しますように」「夫婦が仲直りできますように」「いい仕事が見つかりますように」・・・

この機器を使うと脳波がシーター波の状態になり、祈りが現象化されるのです。
このことには大きく守護霊ともいえる守護天使の存在が関わっています。
 
「・・???」

戸惑いますよね。私もそうでした。元々、上場企業のエンジニアで、理詰めで考えるタチでしたので、神や仏や天使などには無縁でしたし、信じてもいませんでした。

ところが、家族の病気をきっかけに1998年を境にチャネリングができるようになり、私を取り巻く状況は一変したのです。

チャネリングをしています。

今ではもちろん信じていますし、毎日、いえ、毎秒、守護天使に助けられていると言えるでしょう。
それについて詳しくは私のメルマガ「プレマからのメッセージ」バックナンバーをご覧ください。




守護天使が協力していることの証明となる出来事をお話ししましょう。

SV-1アセンションのソフトが完成して、デザイン画面をどうしようかと思ったとき、“守護天使からのメッセージにより作られたことを証明する画像は提供する”と、守護天使から最初に約束されていたのを思いだしました。“いかにも天使がいるような、そんな画面のデザインにしたい”と思うと、守護天使からすぐに返事が来ました。

“明日の朝、6時に石浜海岸においでよ”
自分は写らないが、天使をたくさん呼んでおくから、写真を写してそれをみんなに見せれば、天使の存在を分かってくれるだろうというのです。

次の朝、プレバランスの本部から車で20分ほどの石浜海岸に着きました。この日は快晴で朝日がすごくきれいでした。刷毛でひいたように空はうすいピンクとオレンジ色に染まっていました。

“ああ、きれいだー。ほんとに天使が来そうだなぁ…”
そう呟いたとき、おびただしい数の天使たちが上空に来ていることに気がついたのです!! 1つ、2つ…、数えきれないほどで、天使が空一面にいました。
“なんて数なんだ〜〜!!!” 
これが写真で撮れたらSV-1アセンションに守護天使が関わっていると信じれもらえるに違いありません。
このとき撮った写真がこれです。

     
     この1つ1つが天使たちです。
     どれだけの天使がいたのか数えきれませんでした。
     (クリックすると画像が大きくなります)


約束通り天使は画像をプレゼントしてくれたのです。
天使が大勢集まったエネルギーが高い写真が撮れました。

さっそく、SV-1アセンションのパソコンソフトで、祈りの文字を入力する画面の背景にこの写真をデザインしました。天使の写ったこの写真を画面に入れることで、個々の祈りがより伝わるようになるのです。




SV-1アセンションの開発にも、もちろん守護天使が関わっていました。2012年に来るといわれるアセンションをサポートするための機器を開発することを大前提に、次のようなメッセージがきたのです。

大前提 :SV-1アセンションは2012年のアセンションをサポートすることを目的に開発する

 1.ネガティブな意識をポジティブに変えるものを作りなさい。
 2.誰もが通常の脳波を天使とコンタクトできるシーター波にできるように作りなさい。
 3.神への祈りが必要な重大な局面に備えるために作りなさい。
 4.守護天使からのメッセージにより作られたことを証明するための画像を提供しましょう。
 5.守護天使と交信するためのメッセージは、想いを文字で入力しなさい。守護天使との交信では数字を
   使うので、文字を数字に変換するようにしなさい。
 6.クオリアという方法(感覚)を使って天使と交信ができるようになります。







すべてをポジティブに考えられる世の中にすることはできないだろうか?
人をイジメたり、やっつけよう、殺そうという意識がなくなり、助け合い、分かち合い、喜びあえる人たちが世の中に増えたとき、地球は素晴らしい人と物で満たされる――。
地上天国こそがアセンションです。

アセンションは一般に次元上昇と訳されますが、


ネガティブな想いはネガティブな物質や現実を作り、
ポジティブな想いはポジティブな物質や現実を作ります。




イヤなことが起きてもポジティブに捉えることができ、敵も味方も何もなく、肉体を持ちながら悟った状態になれたら、その時、意識が変わった、アセンションできたことになります。
現在の意識から次元上昇した意識へと変容することがアセンションなのです。
しかし、今の意識や情報だけでは次のステージに行くことはむずかしいでしょう。

アセンションのためには、ネガティブな意識をポジティブに変えていかなくてはならず、そのためには、「意識の変容をサポートする」セラピー機器SV-1を使うことです。
しかも、今までよりも高次元のセラピーをするために、SV-1自体が最初にアセンション(次元上昇)する必要がありました。

セラピー名 エネルギー 波動
通常の遠隔セラピー 磁気モーメント 中波動
祈りのセラピー 意識エネルギー 高波動
今までのSV-1の遠隔セラピーでは電子レメディで波動(磁気モー
メント)の修正を行っていました。SV-1アセンションでは、意識エネ
ルギーを使った祈りのセラピーを行うことができます。

もう1次元上の治療器となったSV-1アセンションは、高波動の周波数の高いエネルギーを使うことによって、私たちの意識の次元上昇をサポートします。







悲しみ、怒り、妬みなど116個の感情レメディ(感情の周波数)で磁気パターンをつくり、それを実際に身体に通電する、あるいは写真に転写することで、それらの感情を消去します。ネガティブな感情の消去がカルマを消去することになるといえます。
*これに関しては従来のSV-1の機能で行うことができます。

カルマが解消出来た人たちがアセンションの対象になる
ネガティブな感情が堆積してできた因縁をカルマといいますが、カルマは本人が気づくまで消すことはできません。それを勝手に消してしまうと生まれてきた目的がなくなるからです。SV-1は本人にカルマに気づくきっかけを与えることでこれを消去します。ある程度、カルマのレベルが低くなった人たちが今回のアセンションを迎えることになるでしょう。



誰もが守護天使に守られています。守護天使は会社でいえば主任の役割になります。この上の大天使が指令を出していますが、部長や役員クラスとなります。SV-1アセンションでは、守護天使との交信により、大天使から高次元の情報を直接入手することができるのです。それらはより正確で、変容が早く行われることとなります。
次のページへ