プレバランス サプリメントに関するお問い合わせ
プレバランストップページへ
プレバランスの栄養療法
プレバランスのパーソナルサプリメント
栄養療法とは
パーソナルサプリメント
爪分析
爪分析&パーソナルサプリメントの流れ
プレバランスのオリジナルサプリメント
LGSサプリメント
日本人の7割の腸壁に穴が開いている
健康への必須条件「腸壁の穴」の修復
体験談のご紹介
デトックスHG
体内毒素が老化の元
アレルギーの方へ
会員限定プレバランス通信の登録
イベント・セミナー
プレバランスの会社案内
リンク集
お問い合わせ
やすらぎの空間
栄養療法 プレバランスのオリジナルサプリメント
プレバランスのデトックスHG
毒素排他のサプリメント 体内毒素が抜けると若返ります

 

プレバランスのデトックスHG
【価格】 8,000円(税別)

アメリカ最新栄養療法
デトックスHG 栄養機能性食品
DetoxHG 重金属の排毒を目的としたサプリメント

体内に蓄積した水銀、鉛などの重金属の体外排泄を促す画期的なサプリメント。化学合成した薬剤とは異なり、自然の素材を使用することで副作用などの心配がありません。

[内容量] 90カプセル/33.3g
[原材料] ビール酵母、ビタミンC、牡蠣殻、リンゴ、クロレラ、コリアンダー
[飲み方]1日3カプセルを目安にお飲みくだい。   ※個人によりデトックスの効果は異なりますが、3ヶ月ほどを目安に飲まれることをお勧めいたします。

「デトックスHG」 重金属解毒の主要成分

システイン 重金属の排泄にマイルドな効果があります。
α-リポ酸 α-リポ酸に含まれる硫黄成分が、体内、特に肝臓に蓄積した水銀や鉛などの有害重金属の体外への排泄を促します。
セレノメチオニン いわゆるキレーター(除去剤)として水銀、鉛、カドミウムなどの有害重金属を捉えて、尿や便として体外への排泄を促します。
MSM
(メチルスルフォンメタン)
硫黄を含む成分で水銀のキレート作用を持ちます。
ペクチン 水銀と結合する作用を持ち、便から水銀排泄を促します。
クロレラ カドミウム、水銀などの有害重金属を体外に排泄促進させるために使用されてきたナチュラル・キレーターです。
シラントロ 脳や脊髄に固着蓄積している水銀、アルミニウム、鉛、スズを細胞から遊離させる作用があります。

水銀が体内に蓄積することで発症する可能性が高いとされる病気
不眠症、めまい、疲労、居眠り、虚弱、吐き気、食欲減退、記憶障害、神経過敏、頭痛、皮膚炎、無感覚、唇と足のうずき、感情不安定、腎臓機能障害など。



爪分析検査で分かった水銀量の変化と影響を及ぼすもの

                                     プレバランス代表  上田 英憲


爪分析による体内水銀量の変動を動画で説明しています。



水銀量を爪分析検査で測定
このグラフは、私が定期的に行っている爪分析検査から体内の水銀の量の変化を調べたものです。単位はmg/kgで、1kg(体重ではありません)中に何mgの水銀が含まれているかを表しています。
許容値とは、体内毒である可能性のある水銀が人間の体内にこの量内であれば問題ないとされている量です。具体的には、0~0.74 mg/kgが水銀の許容値です。
他にも体内毒の可能性があるとされるミネラルには、アンチモン、ニッケル、ヒ素、パラジウム、バリウム、銀、ベリリウム、タリウム、蒼鉛(そうえん)、ウラニウム、カドニウム、鉛などがあります。これらのミネラルも爪分析により、その量を調べることができます。

水銀量が上昇し体調も悪化
さて、私の体内の水銀の量ですが、これまで7回の検査を行ってきました。1回目の検査後からデトックスHGを飲み始め、毎回確実に減少してきていました。しかし、5回目以降にデトックスHGを飲んでいるにも関わらず水銀の量が上昇してしまいました。  
5回目の検査を行う頃からとても体調が悪く、特に「怖いくらい物忘れ」が増えはじめ、6回目の検査の頃には、「ちょっとやばいなあ」と思えるほどでした。6回目の検査結果が来た時に驚きました。なぜこんなに水銀が急に増えたのかと…。いろいろ原因を考えましたが思い当たりません。そして体調は悪くなる一方でした。なぜ5回目以降に水銀が増加してしまったのか・・・。

アマルガムの影響
閃きました!!そう言えば、あの頃から電動歯ブラシを使い始めていたのでした。なぜ電動歯ブラシが問題かと言いますと、私はこどもの頃に歯の治療でアマルガムを入れていたのです。アマルガムの中に含まれる水銀が、電動歯ブラシで削られてそれを吸い込んでいるのではないかと思ったのです。アマルガムは、簡単に削れてしまうのです。しかも、熱にも溶けやすく伝導歯ブラシの振動とその熱によって削れてしまっている可能性があると考えました。それから電動歯ブラシをやめ、しばらくしてからまた爪分析を行いました。それが7回目の結果です。やはり急激に改善していました。40年前に治療したアマルガムが原因だったなんて・・・。
アマルガムはラバーダム法という方法で除去しなければ、除去するときに2次被害がでてしまいます。そのような方法ができる歯科医院が近くになく、なかなか外せないでいますが、今回のことで早く何とかしないとならないと痛感いたしました。

水銀中毒のさまざまな症状
水銀中毒の最初に現れる体の変化として、以下のような症状があると言われています。
不眠症、目まい、疲労、居眠り、虚弱、吐き気、食欲不振、食欲減退、記憶障害、神経過敏、頭痛、皮膚炎、無感覚、情緒不安定、そして、腎臓の機能障害が報告されております。また、水銀中毒の段階が進みますと、歯の損失、不随運動(勝手に手足の筋肉が動く)、感情の激しい乱れ(錯乱)、腎不全にいたる場合があるとされています。
デトックスHGはこのような有害ミネラルの排泄のために作ったサプリメントですので、お役にたてれば嬉しく思います。

水銀による脳神経細胞の退行の模様が明らかになった実験
<カタツムリの脳神経細胞>
出典:IAOMT
①30倍速で撮影したカタツムリの脳神経細胞の成長の模様。 ②カタツムリから人間まで脳神経細胞の構造と成長過程はほぼ同じといわれています。
③ここに非常に低濃度の水銀を滴下(右上)することによって細胞に与える影響を見ると…。 ④成長を続けていた脳神経細胞は水銀の影響によって退行を始めます。
⑤脳神経細胞は退行してしまいました。 ⑥この実験では水銀のほかにアルミニウム・マンガン・鉄を用いた影響をみましたが、水銀と同様の脳神経細胞の成長退行は見られませんでした。
アメリカでは、子供たちが受ける予防接種に含まれる水銀が自閉症の原因となると発表され、水銀排出のサプリメントを用いた栄養療法により、自閉症の予防、改善策が取られています。


爪分析の結果から、日本人は一般に水銀濃度が高い傾向が出ています。
原因は歯の詰め物やワクチンに…

歯の詰め物―アマルガム
虫歯治療で歯に詰められるアマルガム。10年ほど前までよく使われていました。このアマルガムに水銀が含まれており、少しずつ流れ出しているといわれています。 歯科治療
予防接種―ワクチン
予防接種のワクチンには、防腐剤として水銀が使用されているものがあり、体内蓄積の一因とされています。 予防接種
食―マグロ
2001年米国食品医薬品局(FDA)は、大型回遊魚(マグロ・サワラなど)に蓄積された水銀が、人体の水銀濃度に影響すると公表しました。日本人一人当たりのマグロ消費量は年間約8キロ(2002年農水省発表)。日本人の水銀蓄積量が高い理由の1つとされています。 マグロ


重金属蓄積とさまざまな症状の関連性 3種混合ワクチン接種前には「タラの肝油」を!
タラの肝油

タラの肝油

水銀排出のためのサプリメントとしてたいへん優れています。

[内容量] 45g(500mg×90カプセル)
[原材料] タラの肝油

【価格】 3,500円(税別)  
飲み方
1日3カプセルを目安にお飲みくだい。   ※個人により効果は異なります

爪分析から、さまざまな病気と重金属蓄積の関連性が明らかになっています。その中で、自閉症の方の水銀濃度は、許容上限値 (0.68ppm)をはるかに超える傾向があることが明らかになりました。予防接種(3種混合ワクチン)や、歯の詰め物(アマルガム)に含まれる水銀が原因と考えられています。
自閉症の予防、改善策として、ビタミンA(レチノール)を多く含む「タラの肝油」のカプセルを、ワクチン接種2~3週間前から子供たちに与えたり、また、妊娠後期の母親が「タラの肝油」を摂取することで、胎盤を通じて胎児に水銀の影響が及ぶことを防ぐ試みもされています。



体内毒素が老化の元!

テレビ番組で体内に溜まった水銀が話題に
老化は水銀の量で決まる?!


「体内毒素で老け方が決まる!」のテーマで放映されたテレビ番組で、老化の元凶は体内に蓄積した水銀とされていました。水銀は次のような悪さをする可能性があるといいます。①肌の潤いを保つヒアルロン酸を作る酵素を阻害する ②脳に入り込むと神経細胞を破壊してアルツハイマーを引き起こす ③脂肪にたまり燃焼を妨げる。体内に蓄積した水銀は老化の元に
水銀は便から排出されますが、便秘をすると腸内でより毒性の強い水銀を作りやすいというのですから、たいへんです。番組でのおすすめはハーブティによる便秘解消法でした。
また、出演タレント6名の体内水銀量ランキングでは、20代から40代のタレント5人を抜いて、80代の大女優さんの水銀量が一番少なく、「それで元気なのね!」と感歎の声。大女優さんは「便秘をしたことがない」とおっしゃっていました。なるほど、ナットクですね。

栄養医学研究所
佐藤章夫先生のコメント

番組では水銀は便でほとんど排出されるが、便秘だと排出されないので、便秘に効くハーブティを飲むといいとされていました。腸を経て排便中に排泄される水銀はいいのですが、細胞に固着した水銀は、キレート(特殊成分により重金属を挟み込む)させて、便として排泄させるように促さなければ排泄されにくいといえます。
便通を促すハーブやマグネシウムなどを取るのも良いのですが、1日に数回、確実に正しく腸の活動を促して、栄養吸収後には排泄を促進させる努力も必要です。ハーブやマグネシウムなどの便通を促す素材に依存しすぎると、本来の能力を鈍化させることにもつながります。



 ◆便秘だと体内水銀が排出できない
 ◆細胞に固着した水銀は、キレート(特殊成分により重金属を挟み込む)させて、
  便として排泄させるように促さなければ、排泄されにくい
 ◆爪分析での水銀許容量は0.000~0.741ppm
                                    爪分析のページへ

デトックスHGのトップに戻る
サイトマップ 利用規約 個人情報保護方針
copyright PreBalance. All right reserved